探偵の依頼内容ランキング最多は浮気調査!依頼出来ない内容も解説

探偵の依頼内容ランキング最多は浮気調査!依頼出来ない内容も解説
この記事はPRを含みます

本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

「探偵の依頼内容ランキングで多いのは?」
「探偵に依頼できない内容は?」

探偵の依頼を検討している方は、このような疑問を抱えていませんか。

探偵の依頼内容で最も多いのは浮気調査ですが、自分のトラブルに合わせて依頼することが大切です。

ここでは探偵の依頼内容と依頼できない内容をご紹介します。
また依頼を検討されている方に、探偵の依頼費用や準備・流れ、おすすめの探偵事務所までご紹介しましょう。

目次

探偵の依頼内容ランキング

探偵の依頼内容は、主に以下のとおりです。

  • 浮気調査
  • 素行調査
  • 人探し調査・所在調査
  • 身辺調査・結婚調査
  • ストーカー対策
  • 嫌がらせ調査
  • 企業信用調査

依頼ランキング1位は浮気調査です。
探偵事務所の多くで浮気調査を依頼できます。

【1位】浮気調査

パートナーの不倫を確認する調査です。
不貞の事実を尾行と張り込みで調査し、不倫の現場を撮影して証拠を押さえます。

あい探偵は、傷ついた依頼者に寄り添うだけでなく、裁判証拠収集を得意としています。
浮気調査を検討されている方は、あい探偵への相談を検討されてみてはいかがでしょうか。

あい探偵への無料相談はこちらから

【2位】素行調査

ターゲットの素行や行動、交友関係を確認する調査です。
尾行・張り込みや聞き込みにて、調査します。

AKI探偵事務所は調査力の高さで評判の探偵事務所です。
調査力は口コミでも評判のため、素行調査を依頼したい方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

AKI探偵事務所

【3位】人探し調査・所在調査

家族や知人・友人の行方を確認する調査です。
失踪者の居場所、昔の知人などを、探偵独自のネットワークや手法を用いて調査します。

総合探偵社AMUSE(アムス)も独自のネットワークを持ち、プロが調査を担当します。
人探し調査でも結果が期待できるため、総合探偵社AMUSE(アムス)を検討してみてはいかがでしょうか。

AMUSE(アムス)

【4位】身辺調査・結婚調査

マッチングアプリなどで知り合った婚約者や恋人の身辺を調査します。
異性のプロフィールの裏取りや二股、借金状況などを調査して、結婚後のリスクを軽減します。

【5位】ストーカー対策

つきまといや嫌がらせの被害に遭っているときに、ストーカー被害の実態を調査します。
ストーカーをやめさせるための対策もアドバイスします。

探偵のストーカー対策については、以下で詳しく解説しています。

【6位】盗聴・盗撮発見調査

盗聴器や盗撮機が、自宅やオフィスに仕掛けられていないのかどうかを調査します。
探偵の調査技術次第で、発見できる盗聴器や盗撮機は変わります。

【7位】いじめ対策調査

学校や職場で、いじめに遭っていないかを調査します。
社内で上司からパワハラやセクハラを受けていないかを調査します。

【8位】企業信用調査

企業の実態をはじめ、資金繰りや反社会的勢力とのつながりがないのかどうかを調査します。
従業員の素行や商談を有利に進めるための調査も行います。

【9位】その他の調査

その他、学校や職場でのいじめや近所からの嫌がらせなどのトラブルを調査し、対策のためのアドバイスをします。
またお墓探しなどの調査も可能です。

探偵に依頼出来ない内容

中には探偵に依頼出来ない内容もあります。

  • 宗教や出身地・国籍など、差別につながる調査
  • ストーカー犯罪やDV被害などを助長する調査
  • 借入額や戸籍の調査
  • GPSの設置・管理
  • 別れさせ工作・退職させる工作
  • 詐欺被害の解決
  • 各種違法調査

探偵だからと言って、何でも調査できるわけではありません。
依頼できない内容を把握しておくことで、悪徳業者への依頼を防ぐことができます。

参考:探偵業の業務の適正化に関する法律施行規則 | e-Gov法令検索

差別につながる・犯罪を助長する調査

宗教や出身地・国籍など、差別につながる調査、ストーカー犯罪やDV被害などを助長する調査は、探偵に依頼出来ない内容です。

契約の際、探偵は差別や犯罪を助長する目的で調査結果を使用しないことを、依頼者に確認しなければいけません。
探偵業法第7条で定められています。

相談の内容によっては、探偵に断られてしまう可能性も0ではありません。

参考:探偵業の業務の適正化に関する法律施行規則 | e-Gov法令検索

借入額や戸籍の調査

借入額や銀行口座の残高を確認できるのは、本人のみです。
住民票や戸籍謄本などで戸籍を確認できますが、閲覧できるのは本人・同一世帯に属する人・委任状を持っている人に限られます。

例外的に弁護士などの専門家も業務上で戸籍を閲覧できることがありますが、探偵はいっさいできません。
違法な手段を使わなければ調査できないため、探偵に依頼出来ない内容です。

GPSの設置・管理

依頼されたGPSの設置や管理を行えば、探偵はストーカー規制法に問われます。
GPSの設置や管理は、夫婦間での共有財産に限り問題のない行為です。
車は共有財産のため、パートナーの車にGPSを設置・チェックする行為は違法ではありません。

なお依頼者からGPSの情報を共有してもらい、探偵が調査を実施すればグレーゾーンにおさまります。

GPSの設置・管理は、探偵に依頼出来ない内容のためご注意ください。

探偵のGPS取り付けについては、以下で詳しく解説しています。

参考:ストーカー行為等の規制等に関する法律 | e-Gov法令検索

別れさせ工作・退職させる工作など

別れさせ工作や退職させる工作などは、誰かが不利益を被る行為です。
探偵業法の第6条では、人の生活の平穏や権利利益を侵害してはいけないことが定められています。

しかし実際のところ、直接別れさせ工作を取り締まる法律はないため、グレーゾーンです。
過去別れさせ工作により、傷害事件にまで発展している事例によって、日本調査業協会などの団体は引き受けないようにと警告を行っています。

トラブルに巻き込まれないためにも、探偵に依頼できない内容として区別しておいたほうがよいでしょう。

参考:探偵業の業務の適正化に関する法律施行規則 | e-Gov法令検索

詐欺被害の解決

探偵は、詐欺被害の解決ができません。
法律のもとトラブルの解決を行えば、弁護士法第72条の非弁行為に抵触します。

探偵業法で認められているのは、被害の証拠をつかむことまでです。
詐欺被害の解決は、探偵に依頼出来ない内容のため覚えておきましょう。

たとえば詐欺被害の解決として探偵がうたう代表例は以下のとおりです。

  • 詐欺でだまされた金銭をも取り戻すための返金詐欺
  • 集団ストーカー被害の解決をうたう詐欺

被害の解決を行うのは警察や弁護士のため、紛らわしい表記や実際に解決するとうたう業者にはご注意ください。

参考:弁護士法 | e-Gov法令検索 探偵業の業務の適正化に関する法律施行規則 | e-Gov法令検索

探偵の依頼内容の基礎知識2つ

相談者の依頼内容が影響を与えるものは、探偵費用と調査期間です。
ここでは依頼前の基礎知識として、探偵費用と調査期間・料金プランをご紹介していきます。

1.探偵費用と調査期間

探偵費用の相場は、1時間あたりの費用×調査員の人数×調査時間で決まります。

協会のアンケートデーターによると、調査員2名で1時間あたりの人件費は1万円~2万5,000円がおおよその目安です。
さらに車両費・諸経費・調査報告書の作成費用等が加算されたものが、トータルの探偵費用です。

時間当たりの調査料金
調査員2名の場合(諸経費別)
2.0万円以上~2.5万円未満 36%
1.5万円以上~2.0万円未満 28%
1.0万円以上~1.5万円未満 24%
車両費(調査車輛・バイク)に関して
1日1台あたり費用
無料 36%
1.0万円以上~1.5万円未満 24%
1.5万円以上~2.0万円未満 16%
車両費を無料と回答した業者の時間あたりの調査料金
(諸経費別)
2.0万円以上~1.5万円未満 50%
1.5万円以上~2.0万円未満 13%

引用:調査料金のアンケート結果報告 | 東京の探偵興信所選びは東京都調査業協会

ごらんのとおり探偵費用の大半は人件費ですが、業者間で大きく差があります。
また調査期間は依頼内容の影響を受けるため、探偵費用も大きく異なります。

依頼内容の基礎知識として覚えておきましょう。

各探偵事務所では、調査期間にあわせてもっともお得な探偵費用で依頼できる料金プランを採用しています。

浮気調査の期間については、以下で詳しく解説しています。

2.料金プラン

料金プランに基づいて探偵費用が決まります。

上記でご紹介した1時間あたりの人件費に基づいて算出されるのが、時間料金プランです。
20時間あたり35万円・30時間あたり60万円など、セットになったパック料金プランもあります。
成功報酬プランは、調査が成功したときのみ報酬が発生する成功報酬プランです。

料金プランメリットデメリット
時間料金プラン短時間だと安く済む長引く調査で割高になる
パック料金プラン車両・諸経費などすべて込み 
時間料金よりも1時間当たりが割安
余った時間が返金されない
成功報酬プラン結果が出なければ報酬がない 成功すれば高額の支払い
成功の定義・完全・着手金などが各社異なる

全3つの料金プランから、依頼内容にあわせて探偵が最適なプランを提案します。

依頼前に料金プランを理解しておけば、見積もりの説明で探偵の話を理解できるため、基礎知識として大切です。

探偵に依頼するための準備

探偵に依頼するための準備は、ターゲットの情報や証拠を集めておくことが大切です。
できることなら証拠をつかんだ後の目的も明確にしておくとよいでしょう。

依頼者が提供する情報と調査の目的にしたがって、探偵は調査プランを立てます。
具体的な依頼内容が決定するプロセスです。

非常に重要とも言える探偵に依頼するための準備についてご紹介します。

情報や証拠を集めておく

ターゲットの情報とは、氏名・住所や写真などの基本情報をはじめ、性格や行動パターンなどです。
出勤・帰宅時間や休日の過ごし方、習い事・よく行く店・交友関係・SNSアカウントなど、あらゆるターゲットの情報を準備します。
浮気調査では浮気相手と会っている頻度、ストーカー対策ではつきまとい行為の詳細などを書き留めて準備しておくとよいでしょう。

またラブホテルの領収書や不倫相手との2ショット写真などが証拠です。
嫌がらせ電話の音声や手紙、玄関に置かれていたごみなど、証拠として残せるものはとっておきます。

あらゆるものが調査の手掛かりになりますが、何もなければ探偵は1から調査をしなければいけません。

たとえば不倫相手と会う日時が明確ならば、ピンポイントで調査できます。
一方わからなければ予想した一定期間の調査が必要なため、調査費用の負担が大きくなるでしょう。

費用を抑えるために、依頼前はできるだけ多くの情報や証拠を準備しておきましょう。
情報や証拠は、探偵の依頼内容を左右するため大切です。

調査の目的を明確にしておく

調査の目的とは、たとえば不倫の事実を確認したいだけ、裁判で有利に離婚したいなどです。
ストーカー被害では、警察に逮捕してほしいなどでしょう。

訴訟や告訴では、具体的な証拠ほど有利です。
よって多くの証拠をつかんでおく必要があるでしょう。
そのため調査期間が延びて、費用も高くなります。

一方浮気調査で不倫の事実を確認するためだけならば、1回の証拠があればじゅうぶんです。

このように調査後に依頼者が達成したい目的は、探偵が立てる調査プランに影響を与えます。

調査の目的が決まっていなくても、依頼前には無料相談があります。
カウンセラーへの相談で、証拠をつかんだ後に依頼者がどうしたいのかを明確にできます。

もし浮気調査の前に夫婦関係の再構築をめざしていたけれど、調査中に気持ちが変わってしまったというケースも少なくありません。
つかんだ証拠をもとに今後の方針を臨機応変に検討できるため、ご安心ください。

依頼者の調査の目的は、依頼内容が決まるための準備として非常に重要です。

探偵の依頼から終了までの流れ

はじめて探偵に依頼する方は、どのような流れなのかを把握できません。
ここでは不安が残らないように、探偵の依頼から終了までの流れをご紹介します。

浮気調査の流れについては、以下で詳しく解説しています。

無料相談

まずメールフォームや電話にて、探偵との無料相談を行います。
探偵に悩みやトラブルを聞いてもらいますが、疑問点も質問可能です。
相談内容に応じて今後の方針まで聞き、依頼を前向きに検討したいと思えば、面談の予約を取りましょう。

面談・見積もり

予約した日時に探偵事務所へ出向き、面談でより詳しい相談内容のヒアリングを行います。
ヒアリングに基づいて見積もりを取得し、依頼内容に応じた予算を見積もりで把握可能です。
依頼者が準備した情報によって見積もり価格は変わるため、たくさんの情報を提供しましょう。

契約

見積もり内容や探偵事務所の対応を確認して、納得いけば契約に進みます。
契約内容の説明を受けながら確認して、疑問点があればわかるまで質問して解消してください。
納得できなければ断ることも可能です。

契約後は、代金の決済を実施します。

調査

契約後、相談やヒアリング内容に基づいて、探偵は調査プランを立てます。
ヒアリング内容をもとに下準備を整えたら、依頼内容によっては予備調査から進めなければいけません。
依頼者からの提供情報が多ければ、予備調査が不要になることもあります。

終了したら本調査に入ります。
探偵は、尾行や張り込み・聞き込みを中心とした調査を遂行します。

経過報告

調査中、経過報告に対応している探偵事務所もあります。
報告を申し出ていれば、証拠や成果が得られるたびに探偵から電話などで連絡がもらえるため便利です。

またもう少しで証拠がつかめそう、でも契約時間が終了してしまうというときも、随時連絡で継続を確認できます。
随時相談しながら探偵は調査を進めます。

調査終了

調査終了時、依頼者と成果の確認を行い、必要であれば延長も可能です。
満足できる結果に終われば調査終了となります。

なお調査報告書の受け渡しまでは、2週間~1ヶ月ほどを予定しておきましょう。
受け渡しまでの期間は、報告書の情報量に左右されます。

調査報告書の受け渡し

探偵は調査報告書を作成します。
作成後は、DVDなどの証拠とともに報告書を受け取ることができます。
郵送に対応している探偵事務所もありますが、できるのであれば手渡しのほうが安心です。

探偵の依頼で失敗しないためのコツ

はじめての探偵の依頼では失敗してしまうケースも少なくありません。
ここまでの探偵の費用のしくみや準備について、ご紹介してきました。
ここからは依頼前に確認していただきたい、失敗しないためのコツをご紹介していきます。

1社だけで決めてしまわない

探偵を決めるとき、必ず相見積を行いましょう。
1社の見積もりだけで決めてしまうと失敗します。

探偵事務所の業者間の費用差は数倍にものぼるため、比較することは非常に重要です。
見積もりを取得する場合は、全社共通の依頼内容を条件として行うことが大切です。

3社~4社で見積もりを取得し、費用を比較したうえで探偵事務所を選びましょう。

探偵の依頼経験がなければ比較対象がないため、1社だけでは何がよくて何が悪いのかわかりません。
見積もり価格に納得できないまま依頼してしまい、後悔する口コミも多く見られています。

数社で見積もりを取得することにより、探偵事務所の対応やサービス内容の違いも確認できます。
中には、検討するため見積もりを持ち帰りたいと伝えると、態度を急変させる探偵事務所も存在します。
安心して任せられる探偵を選ぶ方法として活用できるのではないでしょうか。

1社だけで決めてしまわないことは、探偵の依頼で失敗しないためのコツです。

ターゲットに調査がバレないようにしておく

探偵に依頼したら、ターゲットに調査がバレないようにしてください。
万が一勘づかれてしまうと、ターゲットは警戒します。

警戒すれば、証拠をつかむことが難しくなるでしょう。
同時に調査期間が長引いてしまい、費用も増えてしまいます。

またターゲットと依頼者間の関係が悪くなったり、トラブルが発生したりすることにもなりかねません。

探偵との契約書は見つからない場所にしまう、パソコンなどの検索履歴は削除するなど、バレないために徹底した管理を行うことが大切です。

また調査が終了するまでは、いつもとおりの言動を心がけることが大切です。
特に浮気調査は感情が高まりすぎて、ターゲットにバラしてしまう行動に出てしまうケースも少なくありません。

また探偵に情報を提供しようと、ターゲットのスマホを盗み見るなど危険な行為はバレてしまうリスクが高いです。
危険なため絶対にやめましょう。

調査がバレないようにすることは、探偵の依頼で失敗したいためのコツです。

浮気調査がバレる原因や対策については、以下で詳しく解説しています。

探偵の選び方

探偵の依頼に関する重要なことをご紹介しました。
最後は探偵の選び方を把握しておかなければいけません。
ここでは最低限押さえてほしい、探偵の選び方をご紹介します。

見積もりの内容に納得できるのか

見積もりの説明を受けて、すべての内容が理解でき納得できる探偵事務所を選びましょう。
依頼内容や費用があいまいでは、トラブルになる恐れがあります。

不明点についてはきちんと質問を行い、それに対する適切な回答があるのかどうかも探偵の選び方として確認しましょう。

また複雑すぎる料金体系では、不要な費用が上乗せされてしまっても気づくことができません。
追加費用として発生するケースもあるため、見積もり以外に発生する費用があるのかどうかも確認します。

こちらから質問しなくても、追加費用等についてわかりやすく納得できる説明を行う探偵事務所ならば安心して依頼できます。
探偵の選び方として重視したいポイントです。

探偵業届出証明書は掲示されているのか

探偵業届出証明書とは、公安委員会に届出を行った際に発行される調査業を営むための証明書です。
事務所に証明書が掲示されていることを確認しましょう。

なお公式サイトでも探偵業届出登録番号を確認できますが、悪徳業者は偽造しているおそれがあります。
無料相談時に事務所に掲示されている証明書の情報と同じことを確認してください。

届出を済ませていない探偵がつかんだ証拠は、裁判などの証拠として認められません。
探偵業届出証明書の取得は、探偵の選び方として最低条件です。
探偵に依頼する意味を持たなくなってしまうため、必ず確認するようにしてください。

探偵の選び方として重要なポイントです。

調査報告書の質は高いのか

探偵に依頼する目的が、告訴や訴訟の場合、調査報告書の質が非常に重要になります。
調査報告書とは、探偵が行った調査のターゲットの行動を写真付きで時系列に沿ってまとめた書類です。

無料相談時に、調査報告書のサンプルを見せてもらいましょう。
数社の報告書を確認すれば、よい報告書とよくないものの見分けがつくはずです。

裁判証拠収集を得意とするあい探偵の公式ホームページからも、調査報告書のサンプルをご確認ください。

あい探偵の調査報告書のサンプルはこちら

あい探偵への無料相談はこちらから

調査報告書の質が低ければ、探偵に依頼する目的を達成できなくなってしまうため、とても重要です。
探偵の選び方として覚えておきましょう。

探偵の選び方に自信がない方は安心探偵.comを利用してみては?

はじめて探偵をご利用になる方は、選び方の基準を知っていても自分で選ぶのはやはり不安です。
そこで安心探偵.comを検討してみてはいかがでしょうか。

メールフォームや電話で自分の依頼内容を伝えるだけで、条件に合った優良探偵事務所を紹介してもらえます。

自分の依頼内容に合った探偵事務所はどこなのか探し出す必要がなく、探偵選びを済ませることができます。
失敗なく便利に探偵を選べるため、安心探偵.comはおすすめです。

安心探偵.COM

依頼内容別おすすめの探偵事務所

探偵の依頼内容や依頼できない内容、依頼するまでに理解すべきことをご紹介してきました。

こちらでは依頼内容別に、おすすめの探偵事務所をご紹介します。
全社共通しているのは、浮気調査を得意とした探偵事務所です。
プラスアルファで得意とするジャンルは業者ごとに異なることに注目して選びましょう。

スクロールできます
探偵社名AKI探偵事務所あい探偵総合探偵社 AMUSE総合探偵社クロル
探偵届出証明番号
東京都公安委員会
第30170172号第30180176号第30190038号第30210097号
メール相談
出張面談
対応エリア全国対応
無料出張相談も可能
全国対応
全国84支社を設置
88の相談室を設置
全国対応
全国6支店を設置
東京/神奈川/大阪/
愛知/福岡/北海道
全国対応
全国6支店を設置
東京/埼玉/愛知/
大阪/岡山/北海道
料金プラン1時間7,000円~(税込)
パック料金制
完全成功報酬制
1時間2,500円~(税抜)
完全成功報酬制など
1時間/3,980円~(税込)
完全成功報酬制など
【おまかせ調査プラン】11万円~ (税込)
【一緒に調査プラン】5万4,600円~(税込)
【セルフ調査プラン】0円~
カウンセラーと
弁護士の連携
経過報告
実績弁護士から適法・適性との評価あり相談実績9万件相談実績2万5,000件調査員の調査件数3万2,000件の実績
口コミ公式掲載の評判良好Googleで4以上の評価Googleでの総評4.4みん評で4以上の評価
無料相談の窓口AKI探偵事務所あい探偵総合探偵社 AMUSE総合探偵社クロル

あい探偵はストーカー対策と浮気調査におすすめ

あい探偵のTOP画像

参照:あい探偵

ストーカー被害は、被害の内容を警察や裁判で証明できる証拠が必要です。
あい探偵は、裁判証拠収集を得意としており、被害届や訴訟でも被害を証明できる質の高い証拠をつかめます。

浮気調査でも、不貞を証明するための動かぬ証拠が必要です。
ターゲットにバレないように、離婚や慰謝料請求を有利に進めるための証拠をプロ調査員がつかみます。

任意で弁護士の紹介まで対応しており、スムーズにトラブルを解決へ導きやすいことから、あい探偵はおすすめです。
証拠力の高さからあい探偵は信頼性が高く、調査を安心して調査を任せられます。

あい探偵への無料相談はこちらから

AKI探偵事務所は素行調査と浮気調査におすすめ

AKI探偵事務所のTOP画像

参照:AKI探偵事務所

素行調査では、尾行と張り込みをメインに聞き込みを併用して、ターゲットにバレないよう鮮明な証拠を押さえなければいけません。
AKI探偵事務所は、機材のアップデートやセッションにて、調査技術の向上に努めており、確実性の高い証拠を押さえます。

顧問弁護士からも調査力と証拠の質の高さを高く評価されているため、調査力については申し分ないでしょう。
裁判を目的とした浮気調査でも有利になる証拠をつかめます。

プロ意識が高く信頼できることから、AKI探偵事務所はおすすめです。
調査力の他に評価されているのは対応のよさであり、相談のしやすさも見逃せないポイントでしょう。

AKI探偵事務所

総合探偵社クロルは身辺調査と事実確認の浮気調査におすすめ

総合探偵社クロルのTOP画像

参照:総合探偵社クロル

身辺調査は尾行と張り込みだけでなく、聞き込みがメインです。
クロルでは各調査員が得意ジャンルをもち、聞き込みや尾行などの分野で調査力を発揮、調査を成功へ導きます。

全員が経験20年を超えるベテラン調査員です。
経験を活かして臨機応変に調査を実施し、依頼者が目的とする証拠をつかみます。

難易度の高い調査でも安心して任せられることから、クロルはおすすめでしょう。

一緒に調査プランは、探偵と依頼者がそれぞれ分担して不倫の証拠をつかむ、クロル独自のプランです。
裁判の証拠が必要ではない事実確認の浮気調査では、分担することで調査費用を抑えます。

費用面での不安を最小限に抑えられるため、クロルはおすすめの探偵事務所でしょう。

総合探偵社クロル

以下では総合探偵社クロルの口コミについてご紹介しています。

総合探偵社AMUSE(アムス)は行方調査と浮気調査におすすめ

アムスのTOP画像

参照:総合探偵社AMUSE(アムス)

行方調査では、ネットワークと聞き込みなどの調査力が必要です。
調査経験10年以上のプロが揃うAMUSE(アムス)では、独自ネットワークと調査力を駆使して、失踪者の発見に努めます。

失踪では警察への被害届が必要になるケースもありますが、事件性を示す証拠がないため動いてもらえないこともあるでしょう。
AMUSE(アムス)は警察OBが在籍するため、専門家の視点で証拠を準備できます。

浮気調査では不貞の証拠はもちろん、慰謝料請求のために内容証明郵便も送らなければいけません。
所在調査も実施できるため、不倫問題を一貫して解決しやすいでしょう。

安心して調査を任せられるため、AMUSE(アムス)はおすすめの探偵事務所です。

AMUSE(アムス)

以下では、総合探偵社AMUSE(アムス)の口コミについてご紹介しています。

まとめ

探偵の依頼内容で最も多いのは浮気調査です。
中には依頼できない内容もあるため、注意しなければいけません。

相談者の依頼内容は、探偵の費用と調査期間に影響を与えることを基礎知識として覚えておきましょう。
準備を整えてから探偵選びを行い、無料相談から流れにしたがって依頼し、最後に調査報告書を受け取ります。

ここでは探偵の選び方や依頼内容別におすすめの探偵事務所をご紹介しましたので、ぜひ参考になさってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次