探偵が行う人探しの方法とは?調査料金や期間についても詳しく解説

探偵が行う人探しの方法とは?調査料金や期間についても詳しく解説
この記事はPRを含みます

本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

探偵の人探しの方法は、プロのノウハウを活かして合法的かつ効果的な手法で行います。

そして、どうやって探偵が人探しを行ったのかについては、報告書から確認可能です。

人探しを依頼する際の料金は、成功報酬システムがメインですが、料金や期間を重視したシステムも利用できます。

本記事では、探偵の料金が気になる方に向けて、探偵の人探しの方法と自分で行う方法をご紹介。

人探しを依頼する際の料金を始め、自分で行う際や探偵選びで役立つ情報、人探しで注意したい違法のリスクまでご紹介します。

目次

探偵が行う人探しの方法!所在・行方調査とは?

探偵が行う人探しとは、ターゲットの所在調査や行方調査のことを指しています

下記のようなケースにて、探偵に人探しを依頼できます。

  • 名前だけしか分からない知人を探す
  • 長年、連絡を取っていない友人の現住所や連絡先を調べる
  • 金銭を貸した後、失踪した知人を探す
  • 突然家出した配偶者を探す

なお、急に失踪した場合でも、事件性があるケースやターゲットの命に係わる危険性がなければ、警察に対応してもらえません。

警察の捜索対象になるケースを例えると、下記の通りです。

  • ストーカー被害を訴えていた人の失踪
  • 小さな子供・高齢者の失踪
  • 未成年・うつ病の家族の家出

大人の私情が絡むような人探しは、警察に引き受けてもらえません。

その一方で探偵は、犯罪行為への加担や違法行為に抵触しないケースであれば、基本的にどのような人探しでも引き受けます。

犯人探しの探偵については、以下で詳しく解説しています。

人探しに必要な情報

探偵に人探しを依頼する際に必要な情報は、ターゲットのあらゆる情報です。

例えば、氏名・生年月日や連絡先、勤務先や見た目の特徴、ターゲットの写真などの基本情報です。

また、実家の住所、母校や交友関係、SNSアカウントなども、人探しの有益な情報になります。

依頼内容や状況に応じて、人探しに必要な情報は異なります

もし、名前だけしか分からなくても、探偵に人探しの依頼ができます。

名前だけしか分からないという方も意図せずに、探偵が人探しに必要とする情報を持っている可能性があるためです。

一方で、名前が分からなければ、人探しは難しくなってしまいます。

人探しの期間

探偵が行う人探しの期間は、最短7日~2週間程度です。

あくまでも一般的な人探しの期間のため、相談の内容によってはもっと長引くこともあります。

探偵に相談する際、人探しではどのくらいの期間が必要になるのかをご確認ください。

探偵が行う人探しの方法は4つ

プロの探偵はどうやって人探しをするのか、その方法4選を詳しくご紹介します。

方法1. ターゲットの所有物をチェックする

画像3-1-1

人探しでまず探偵は、ターゲットの所有物からチェックを行います。

所有物を確認することで、意図的な家出なのか、事件やトラブルに巻き込まれたのかを判断可能です。

貴重品や衣類がなくなっていれば、意図的な家出と推測できます。

一方、ターゲットが何も持ち出していなければ、トラブルに巻き込まれた可能性を疑わなければいけません。

事件性が疑われる場合は警察に捜索願を提出することで、捜索が行われる可能性が高くなります。

方法2. SNSとスマホ・PCをチェックする

探偵の人探しでは、ターゲットのSNSアカウントや、スマホやPCなどもチェックします。

SNSで公開している情報から、ターゲットの場所や交友関係を割り出すことが可能です。

また、位置情報をオンにして撮影した写真からは、頻繁に利用する場所を特定できます。

なお、家族からスマホやPCを提供してもらえた場合、電話やメールからターゲットを追える可能性もあります。

探偵の中にはスマホなどのデータを復元・解析を行う方法にて、人探しにつながる情報を得るケースも!

プライベートな情報に接触する方法ですが、探偵は個人情報に配慮して調査を行うため、心配はありません。

方法3. 情報ソースを活用する

探偵の人探しは、オープンソースや有料データベースなどの、各種情報ソースを活用します。

オープンソースとは、住宅地図や電話帳、不動産・商業登記簿など、一般人でも入手できる情報です。

一方、各探偵独自の有料データベースや秘密情報も活用します。

ケースによっては、データベースのみでターゲットを発見することが出来ます。

なお、データベースの情報量や質に人探しが左右されるため、最新版に更新されているほど精度の高い情報を得ることが可能です。

ただし最新のデータベースであっても、発見に至らないケースもあります。

探偵は、断片的に収集した情報をもとに、所在の候補地を割り出していくという方法で人探しを行います。

どうやって人探しを行うのかは、各探偵での差はほとんどありません。

ただしデータベースは有料になるため、探偵の資金力に応じてデータベースの更新状況に差が生じます。

方法4. 聞き込みや張り込み

ここまで収集した情報をもとに、探偵は聞き込みや張り込みで人探しを行います。

例えば、探偵は下記のような手法を用います。

  • 知人や友人に聞き込みを行う
  • ターゲットがよく行くと考えられる場所で長時間にわたり張り込みを行う

また、聞き込みの一環として、ビラ配りを併用するケースも少なくありません。

ビラ配りは聞き込みと併用することで、人探しに効果的な方法になります。

聞き込みや張り込みの効率は、探偵の人材力によって異なります。

探偵の聞き込みや張り込みは、正確な居場所を特定するために重要で、人探しに欠かせない方法です。

どうやって人探しの情報を収集し、どうやって居場所を特定していくのかは、探偵の腕の見せ所と言えます。

探偵が張り込みで使う車については、以下で詳しく解説しています。

「どうやって探偵が人探しを行ったのか」その方法は報告書で確認できる

探偵は人探しを終えると、調査報告書を作成します。

報告書には、探偵が収集したターゲットの所在や行方に関する情報が記載されます。

住所や連絡先を始め、聞き込みで得た証言などまで確認が可能です。

探偵が人探しで実施した具体的な手法は企業秘密です。

報告書からは、どうやって人探しを行ったのかというその方法と、どのような結果だったのかを確認できます。

探偵に人探しを依頼する際の料金相場

探偵に人探しを依頼する際の料金相場は、10万円~100万円です。

人探しの料金相場に差ができる理由は、下記2つが違うためです。

  • 調査の難易度
  • 探偵事務所間での料金システムや値段設定

調査の難易度に応じて、調査員の人数と期間が変動するため、料金にも差が出ます。

人探しでは人件費の他にも、経費や出張費・早朝深夜料金などの追加費用が発生するおそれがあります。

各探偵が採用する料金システムの違いでも、料金に差がつくのです。

探偵の人探しは成功報酬システムがメインですが、状況に応じて異なります。

探偵の人探しの成功率については、下記で詳しくご紹介しています。

成功報酬は期間・料金よりも結果を重視したシステム

画像6-1-1

成功報酬システムで探偵に人探しを依頼する際の料金相場は、下記の通りです。

難易度着手金成功報酬期間
難易度A10万円~15万円5万円~10万円1週間
難易度B20万円~30万円10万円~20万円2週間
難易度C50万円~100万円30万円~50万円1ヶ月

こちらはあくまでも一例です。

成功報酬とは、人探しの開始前に着手金を支払い、調査に成功すると成功報酬金が発生するシステムです。

難易度が高く、長引くと予想される人探しに適しています。

なお、成功の定義は、契約時に探偵と取り決めを行います。

定義をあいまいにしてしまうと料金トラブルになってしまうため、契約時にしっかりと確認してください。

なお成功報酬は、下記のようなケースでも着手金が戻ってきません

  • 始めから短期間で発見が予想される場合
  • 人探しが難航されると予想したものの、数時間や数日で発見できてしまった場合

柔軟な期間と料金で選べる成功報酬ですが、このようなデメリットもあります。

探偵の成功報酬については、以下で詳しく解説しています。

期間・料金を重視して人探しを依頼する2つのシステム

成功報酬のデメリットをカバーするもう2つのシステムも、探偵の人探しでは検討すべきです。

  • 時間料金:1時間あたり1万円ほどが発生
  • パック料金:10時間あたり20万円などが発生

1つ目の時間料金システムは、長引いてしまうと割高になるため、短期間の人探しに適しています。

2つ目のパック料金システムは、先に決めた期間を過ぎると、探偵の調査が終了するシステムです。

時間料金よりも1時間あたりが割安のため、長引くことが予想される難易度が高い人探しに適しています。

一般的には返金に対応していませんが、中には対応している探偵もあるため、料金がムダにならないケースも!

成功報酬システムと比較して、どのシステムが自分に合うのかを見極めて、探偵に人探しを依頼しましょう。

なお人探しの費用を抑えるために、下記を必ず行ってください。

  • 探偵にターゲットの情報を多く提供する
  • 数社の探偵の見積りを比較して選ぶ

自分で人探しはできる?

自分でも人探しができます。

こちらでは、自分で人探しを行う方法をご紹介します。

自分での方法1. SNSを確認する

探偵の方法と同じく、自分で行う人探しでも、まずはターゲットのSNSアカウントを確認します。

Facebookは本名で登録するため、ターゲットが見つかりやすいです。

X・インスタグラム・tiktokなどでも、思いつくハンドルネームからターゲットを見極めることができます。

ターゲットの行動パターン交友関係などの情報などや、写真の位置情報からも居場所の特定が可能です。

なお、SNSでターゲットの情報を調べるだけでなく、ダイレクトに人探しの情報提供を求める方法も有効です。

#人探し #家出人など、ハッシュタグをつけて情報提供を求める内容の投稿を行います。

悪用されないために、個人情報の取り扱いには注意することが大切です。

自分での方法2. インターネット検索や掲示板を活用する

人探しでは、ターゲットのフルネームでインターネット検索をする方法も試します。

仕事や学業に関連する情報が得られる可能性があります。

どうやって検索するのかというと「本名+勤務先」のように、名前ともうひとつの語句を合わせて検索する方法です。

一緒に検索したいキーワードを重ねることで、ヒットしやすくなります。

本名と一緒に検索したいキーワードは、旧姓、共通の友人、生年月日、出身地域などです。

また、SNSと同じくインターネットの掲示板にて、ターゲットの情報を求める方法も有効です。

場合によっては、探偵からアドバイスをもらえる可能性も!

幅広く情報の提供を求めることが、人探しでは有効です。

自分での方法3. 友人・知人に尋ねる、ビラ配りを行う

人探しでは、ターゲットと深いつながりがありそうな友人や知人に訪ねてみる方法も有効です。

対面はもちろん、SNSでも訪ねてみます。

また、探偵と同じくビラ配りも有効です。

友人・知人に協力してもらうと、より効果的です。

なお公道でビラ配りを行う場合には、道路使用許可が必要なため、最寄りの警察署で申請を済ませてください。

なお、友人・知人を通じて、ターゲットに人探しをしていることが発覚するおそれがあります。

特にターゲットが意図的に逃亡しているケースでは警戒を強めてしまうため、人探しの発覚は避けたいところです。

友人などへも人探しの事情をきちんと説明した方が、協力してもらえる可能性が高くなります。

躍起になって人探しを行った結果、ターゲットに恐怖を感じたと訴えられてしまう可能性があります。

このようになってしまうと、ストーカー規制法に問われてしまうことになりかねません。

どうやって人探しすべきかなのかはもちろん、自分で行うためにはどのようなことに注意すべきなのかにも配慮する必要があります。

参照:ストーカー行為等の規制等に関する法律 | e-Gov法令検索

自分での方法4. オープンソースを確認する

探偵と同じく、自分で人探しを行う場合もオープンソースを確認します。

  • 住宅地図
  • 電話帳
  • 不動産登記簿・商業登記簿
  • 企業データベース
  • 官報

これらの情報から、断片的な情報を地道に収集しなければいけません

なお、オープンソースでは有料になるケースがあります。

費用をかけても、必ずターゲットが見つかるわけではありません。

中には人探しの情報収集だけを引き受けてもらえる探偵が存在します。

費用をかけるのであれば、プロに依頼したほうが効率的です。

探偵に依頼すれば、オープンソースの他にも、探偵独自のデータベース等の情報まで入手できます。

費用が高くなってしまう聞き込みや張り込みを依頼しないことで、料金を抑えられます。

【探偵・自分】違法のリスクがある人探しに注意!

各種法令に従って行うことは、自分で人探しを行う場合の注意点です。

優良な探偵は、違法のリスクがある調査は行わないため、安心して人探しを依頼できます。

しかし悪徳業者が紛れているため、探偵選びには注意しなければいけません。

こちらでは違法のリスクがある人探しの方法についてご紹介します。

住民票から人探しをする方法

住民票には転出先の住所と転出した日が記載されているため、人探しの手掛かりとして活用できます。

ただし、取得できる権限は同一世帯員までに制限されています。

住民票から人探しをする方法は、同居している家族に限り可能です。

なお例外的に、債務者や訴訟を検討している場合、債務を証明できる書類等があるケースでは住民票の取得が可能です。

それ以外の人物や探偵は、住民票を取得できません。

もし探偵が行えば探偵業法の違反になるため、誤って依頼しないようにご注意ください。

参照:探偵業の業務の適正化に関する法律施行規則 | e-Gov法令検索

クレジットカードの利用履歴から人探しをする方法

クレジットカードの利用履歴には買い物をした店舗が記載されるため、一見人探しの有益な手掛かりになるように感じます。

しかし、本人以外が郵送されてきた明細を見る行為は信書開封罪に抵触し、刑法で問われてしまうことになりかねません。

また、本人以外がクレジットカード明細のマイページに無断でログインする行為は不正アクセス禁止法で問われてしまいます。

自分で人探しを行う方法として一見有効に見えますが、違法のリスクがあるためご注意ください。

参照:刑法 | e-Gov法令検索 不正アクセス行為の禁止等に関する法律 | e-Gov法令検索

相場よりも大幅に安い探偵の調査方法

人探しの料金相場よりも、大幅に安い探偵の調査方法には注意が必要です。

携帯電話の番号「だけ」で、持ち主の氏名・住所を特定するような調査を提供している探偵は違法です。

1万円近辺の格安データ調査を謳っていますが、依頼してはいけません。

車のナンバー「だけ」で所有者を特定する調査も、同じく違法です。

もし依頼しトラブルが発生すれば、依頼者も共犯になり刑法で問われてしまうリスクがあります。

信頼性の高い探偵は、公安委員会への届出を行い、探偵業届出証明番号を取得しています。

しかし、証明番号を取得しているのにも関わらず、違法調査を提供している業者も存在するため、注意しなければいけません。

探偵は、信頼性を重視して選ぶことが大切です。

探偵は車のナンバーから持ち主を特定できるのかについては、以下で詳しく解説しています。

探偵は携帯番号で氏名・住所を特定できるのかについては、以下で詳しく解説しています。

参照:刑法 | e-Gov法令検索

調査力の高さで成功率を高める!人探しは原一探偵事務所がおすすめ

参照:原一探偵事務所

人探しの成功率は、情報の豊富さと調査員の収集力や分析力、人材数などの調査力に左右されます。

そこで人探しにおすすめしたいのが、創業49年を誇る国内最大手の原一探偵事務所です。

原一探偵事務所は、49年分のタウンページや住宅地図などのオープンソースを始め、独自のデータベースを保有しています。

また、全国に拠点を展開するためネットワークが幅広いです。

パソコンやスマホデータの復元や解析、ドローンなどの最新技術を駆使して情報を収集します。

人探し専属チームの構成員は、経験20年のエキスパート揃いのため、効果的にデータ収集や情報分析を行います。

実地調査では豊富な人材を武器に1日800軒以上聞き込みや、最長7時間の張り込みまで併用することも可能です。

原一探偵事務所は人探しを最も得意としており、豊富な人材と膨大な情報を武器に発見に努めます。

また調査力が高いため、安心して人探しを任せられます。

また料金システムは、見積り金額以外に追加費用が発生しない明瞭なプランを採用

「定額プラン」と、データ調査のみの「トライアルプラン」も採用しているため、自分で人探しを行いたい方にも適しています。

双方とも、原一独自の情報を収集することが可能です。

49年の実績からも明確ですが、違法調査は行いません。

調査力と信頼性の高さから、原一探偵事務所は人探しにおすすめです。

人探し・家出

株式会社原一(原一探偵事務所)の口コミについては、以下で詳しく解説しています。

まとめ

探偵の人探しの方法は、合法的に行うため安心です。

自分で人探しを行う方法では、ストーカー規制法や不正アクセス禁止法など違法のリスクがつきまといます。

できれば探偵に依頼したいところですが、料金を抑えたい方もいるはずです。

探偵の料金に躊躇してしまう方も、データ調査だけを依頼する方法で行えば、費用を大幅に抑えることができます。

こちらでは人探しに強い原一探偵事務所をご紹介しましたので、ぜひ相談を検討されてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次