探偵の職場特定の目的は?調査方法・勤務先調査費用・メリットを解説

探偵の職場特定の目的は?調査方法・勤務先調査費用・メリットを解説
この記事はPRを含みます

本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

「探偵の職場特定って何?依頼する目的は?」
「探偵に勤務先特定を依頼するときの費用相場は?」
「自分で職場特定してもよい?探偵に依頼するメリットは?」

ターゲットの職場を特定したい方は、このような疑問を感じていませんか。

探偵の職場特定とは、その名の通りターゲットの職場を突き止める調査です。
住所のかわりに職場特定を行うケースが多いですが、調査を依頼する本当の目的は、所在の確認ではないこともあります。

ここでは探偵の職場特定の目的や、調査方法・依頼の費用相場をはじめ、探偵に依頼するメリットまでご紹介します。

目次

探偵が行う職場特定の目的

探偵が行う職場特定の目的は、相手の所在を確認することでしょう。
また、トラブルを解決するために、相手の勤務先が必要になるケースも少なくありません。

探偵が行う職場特定によって、金銭・人間関係のトラブルだけでなく、企業トラブルまで解決できる可能性があります。
目的について詳しくみていきましょう。

金銭トラブルの解決

探偵が行う職場特定によって、金銭トラブルを解決できます。
給与の差し押さえは、職場特定の主な目的といえるでしょう。

たとえば、以下のような、賠償金などの滞納や債権が回収できないケースです。

  • 慰謝料の支払いを滞納した相手への請求
  • 養育費を滞納する元配偶者への支払い請求
  • 借金を返済しない人への返済請求
  • 支払いを滞納している人への支払い請求

勤務先が判明すれば、給与の差し押さえによって支払いや回収ができます。
職場特定は、金銭トラブルの解決に直結するでしょう。

債権回収や賠償金の支払いのために、雇用形態も明らかにしなければいけません。
このケースでは、ピンポイントで勤務先を突き止めるだけでなく、雇用形態まで調査します。
探偵は金銭トラブルを解決するために、依頼者の目的に応じて必要な情報を、トータルで調査することが可能です。

所在の確認

探偵による職場特定の目的は、所在の確認です。
以下のようなケースでは、住所の代わりに勤務先を調査すれば、相手の居場所を確認できます。

  • 音信不通の相手の居場所
  • 生活の拠点が定まらない相手の居場所
  • 人探しの一環としての所在

勤務先がわかれば、相手の住所も簡単にわかります。

人間トラブルの回避・解決

人間関係のトラブルの解決には各種手続きが必要になりますが、相手の所在が必要になるケースがあります。
たとえば以下のケースです。

  • 不倫相手へ慰謝料請求するための内容証明郵便の送付
  • 民事訴訟の訴状送付
  • ストーカーや嫌がらせをする犯人の被害届
  • 結婚詐欺防止目的による婚約相手の勤務先

住所がわからない場合、勤務先を代用できるケースは少なくありません。
所在の確認が、職場特定の目的です。

探偵の職場特定は、その他の調査の一環として依頼するケースも少なくありません。
これにより人間関係のトラブルまで解決できるケースも多いです。

たとえば、浮気調査の目的が、不倫相手への慰謝料請求のケースをみていきましょう。
慰謝料の請求では、不倫を証明する証拠とともに、内容証明を送付するために不倫相手の住所を特定します。
住所不明の場合、勤務先の調査で特定すれば、慰謝料請求が可能です。

人間関係のトラブルのトータル的な解決・回避が、探偵の職場特定の目的といえるでしょう。

企業トラブルの解決

探偵が行う職場特定の目的は、主に企業が抱えるトラブルの解決です。
企業は取引先の実態を正しく把握することが大切です。

そのためには「取引相手の会社や店舗が本当に存在するか」「業務内容は何か」「経営は安定しているか」などを確認する必要があるでしょう。

しかし、公開情報だけでは限界があるため、探偵に取引先の実地調査を依頼するケースがあります。
探偵は取引先の会社や店舗に赴き、目視や写真撮影によって実態を調べ上げます。

これにより、取引相手の信頼性を判断する材料を得ることが可能です。

また、企業にとって機密情報の漏洩は大きなリスクです。
そこで、退職した社員の新たな勤務先を探偵に調査してもらうこともあります。

退職者が機密情報を持ち出して業界競合他社に就職していないかを把握するのが目的です。
探偵は退職者の行動を追跡し、実際の勤務先を特定することで、企業の機密が守られているかを確認します。

探偵が行う職場特定の調査方法

探偵が行う職場特定の調査方法は、3種類です。

  • 尾行・張り込み
  • 聞き込み
  • データ調査

住所がわかれば、勤務先の特定調査の難易度は高くありません。

尾行・張り込み

探偵が行う職場特定の調査方法のメインは、尾行と張り込みです。

2~3名の調査員でチームを組み、自宅で張り込みます。
自宅からの尾行で、勤務先を特定します。
通勤経路を尾行するため、現時点での職場特定が可能です。

ただし、1回の調査だけでは、本当に勤務先であるのかを判断できません。
取引先に立ち寄ったケースや、派遣社員として勤務している可能性も考えられるためです。
本業とは別に副業をしている場合、副業の勤務先だったというおそれもあります。

複数回の調査を実施することが、正確な職場を特定するために重要でしょう。
尾行と張り込みは、職場特定にかかせない探偵の調査方法です。

聞き込み

探偵が行う聞き込みは、ターゲットの周辺や接触する人物へのヒアリングを行います。
聞き込みが行われるケースは、さまざまです。

たとえば、職場特定の調査前に、ターゲットの行動パターンを把握しておきたいケースがあげられます。

職種や業種をはじめ、通勤サイクルや手段などを、探偵が聞き込みで情報収集します。
たとえば出勤日時が判明すれば、張り込みは短時間だけで済むでしょう。
その後、尾行をスムーズにスタートできます。

聞き込みによる情報をもとに、ある程度の行動を予想すれば、探偵が職場特定を行う時間を短縮できます。
探偵が行う職場特定のうち、聞き込みは予備調査としても活用できるでしょう。

データ調査

データ調査は、会員制のデータベースや資料、公開されているインターネットの情報から収集します。

たとえばターゲットが運営しているSNSアカウントや、ブログの情報などです。
公開している情報から、職歴や勤務先を特定できるケースもあります。

尾行や張り込みなどの調査方法だけでなく、探偵はデータ調査を合わせて職場特定を行うことが可能です。

聞き込みと同じように、職場特定の予備調査として行われるケースも少なくありません。
予備調査を徹底すれば、尾行や張り込みの調査時間を抑えることができます。

なおデータ調査に関しては、正社員でなければ正確な情報を得ることは難しいため、ご注意ください。

探偵に職場特定調査を依頼するメリット

ここまで探偵の職場特定の目的や調査方法、費用相場までの、基本情報をご紹介してきました。

職場特定調査の基本情報を確認して、自分でもできそうだとお考えの方がいるかもしれません。
しかし前項でもご紹介した通り、職場特定では所在の把握だけでなく、依頼者のトラブルや問題を一気に解決できます。

依頼者のトラブルを解決できることの他にも、探偵に依頼するメリットがあるため、ご紹介します。

調査の成功率が高い

探偵へ職場特定を依頼すれば、調査で失敗するリスクが少ないでしょう。
豊富な知識と経験をもとに、ターゲットの様子を瞬時に察知して臨機応変に対応できます。

特に調査の難易度が高くなるケースでは、素人では対応できないケースもあるでしょう。

たとえば、借金に追われている人は、常に警戒しているため調査が難しくなります。
勤務時間が不規則なケースやフリーランスをターゲットにする場合も、調査の難易度は高いでしょう。

探偵は難易度が高いケースでも、テクニックをもとに、手間を惜しまず調査を遂行します。
素人よりも調査の成功率が高いことは、探偵に職場特定を依頼するメリットです。

法的手段をとれる

探偵はトータル的な観点で問題を解決するために、プランを立てて調査を遂行します。

探偵がつかんだ証拠は、調査報告書にまとめられます。
調査報告書は、法的手段をとるために有効な証拠です。

職場特定の調査には、トラブル解決などの目的があります。
目的を達成するために法的手段が必要になるケースでは、探偵がつかんだ証拠は重要です。
素人がつかんだ証拠は弱いため、法的な効力が見込めないおそれがあります。

探偵に職場特定の調査を依頼すべき大きな理由と言えるでしょう。

違法な手段にならない

中にはターゲットからの報復に不安を感じている方もいるはずです。
もし探偵の調査が違法であれば、逆に訴えられてしまうリスクがあるのでは?と思う方もいるでしょう。

探偵は、探偵業法に則った尾行・張り込み・聞き込みの実地調査を遂行するため、調査は合法です。
正当な理由があれば、データ調査も違法ではありません。
ターゲットに調査がバレてしまったとしても、探偵や依頼者を訴えることはできません。

しかし、素人が調査を行えば、ストーカー規制法に抵触するおそれがあり、訴えられてしまうリスクもあるでしょう。

探偵は、各種法令を熟知しています。
目的を達成するために、どのように遂行すべきかを考えて調査するため、法を犯すことはありません。

違法な手段で調査しないことは、探偵に職場特定を依頼すべきもうひとつの大きな理由といえるでしょう。

参考:探偵業の業務の適正化に関する法律施行規則 | e-Gov法令検索 ストーカー行為等の規制等に関する法律 | e-Gov法令検索

探偵の職場特定の費用相場

探偵の職場特定でかかる費用相場は、1万円~60万円です。
費用相場は、依頼する業者と料金プラン・調査期間によって大きく異なります。

1案件あたりの一般的な費用相場は、7万円~20万円くらいです。

なお1時間あたりの探偵の費用相場は、平均的に調査員2名で2万円ですが、以下を参考にするとよいでしょう。

時間当たりの調査料金
調査員2名の場合(諸経費別)
2.0万円以上~2.5万円未満 36%
1.5万円以上~2.0万円未満 28%
1.0万円以上~1.5万円未満 24%
車両費(調査車輛・バイク)に関して
1日1台あたり費用
無料 36%
1.0万円以上~1.5万円未満 24%
1.5万円以上~2.0万円未満 16%
車両費を無料と回答した業者の時間あたりの調査料金
(諸経費別)
2.0万円以上~1.5万円未満 50%
1.5万円以上~2.0万円未満 13%

引用:調査料金のアンケート結果報告 | 東京都調査業協会

職場特定の費用を抑えるのであれば、探偵にターゲットの情報を多く提供することです。
予備調査が不要になるため、探偵の費用を抑えることができます。

なお探偵が提供する調査項目の中では、職場特定調査の費用が安いことも特徴です。

職場特定調査を依頼できるおすすめの探偵事務所

ここまでの解説では、依頼者の目的を達成するための一環として職場特定調査が必要になることがわかりました。
ここでは合法的に調査を遂行する優良業者に絞り、職場特定調査を依頼できるおすすめの探偵事務所をご紹介します。

スクロールできます
探偵社名AKI探偵事務所あい探偵総合探偵社 AMUSE総合探偵社クロル
探偵届出証明番号
東京都公安委員会
第30170172号第30180176号第30150203号第30210097号
メール相談
出張面談
対応エリア全国対応
無料出張相談も可能
全国対応
全国84支社を設置
88の相談室を設置
全国対応
全国6支店を設置
東京/神奈川/大阪/
愛知/福岡/北海道
全国対応
全国6支店を設置
東京/埼玉/愛知/
大阪/岡山/北海道
料金プラン1時間7,000円~(税込)
パック料金制
完全成功報酬制
1時間2,500円~(税抜)
成功報酬制など
1時間3,980円~(税込)【おまかせ調査プラン】18万円~ (税込)
【一緒に調査プラン】10万円~ (税込)
【セルフ調査プラン】0円~
カウンセラーと
弁護士の連携
経過報告
実績弁護士から適法・適性との評価あり相談実績9万件相談実績2万5,000件調査員の調査件数3万2,000件の実績
口コミ公式掲載の評判良好Googleで4以上の評価Googleでの総評4.4みん評で4以上の評価
無料相談の窓口AKI探偵事務所あい探偵総合探偵社 AMUSE総合探偵社クロル

全社で見積りを取得すれば、もっとも費用が抑えられる探偵事務所を見つけ出せます。

あい探偵

参照:あい探偵

あい探偵は、依頼者の痛みに寄り添ってくれると評判の探偵事務所です。
またバレることなく調査を遂行することも、公式の情報や依頼者からの口コミなどから確認できます。

調査の成功が期待できることから、あい探偵は職場特定調査におすすめです。

職場を突き止める調査では、依頼者の目的によって証拠の質が重要になるケースも少なくありません。
あい探偵は、裁判の証拠収集を得意としている探偵事務所のため、証拠の質については申し分ないです。

このため金銭トラブルだけでなくストーカー調査や浮気調査など、幅広い職場特定調査におすすめです。

yama chanさん

あい探偵 大宮支社の口コミ

本来は途中で調査終了になっていたかも知れないのに、最後まで見捨てず調査してくれました。 ありがとうございました! とても信頼出来ると思います。


引用:Googleマップ|あい探偵の口コミ

あい探偵への無料相談はこちらから

AKI探偵事務所

参照:AKI探偵事務所

AKI探偵事務所は、明確な料金プランと適法な調査で評判の探偵事務所です。
ターゲットの職場を突き止めるためには、尾行や聞き込みがかかせません。

AKI探偵事務所は、尾行に欠かせないセッションによって調査力を高めています。
日頃からの訓練によって調査を成功へ導けるため、職場特定におすすめです。

顧問弁護士からも、法律の下で有効になる証拠を押さえると評価されています。
証拠の質が高いため、AKI探偵事務所は金銭トラブルを解決する職場特定調査におすすめでしょう。

企業調査にも対応しているため、企業のトラブルを解決したい方にもAKI探偵事務所はおすすめです。

AKI探偵事務所の口コミ

急な移動手段の変更もバイクや車を用意してくれて、しっかり証拠を撮ってくれた。
電話から面談、調査までスムーズで、料金も安くとても満足でした。


引用:AKI探偵事務所の口コミ

AKI探偵事務所

総合探偵社クロル

参照:総合探偵社クロル

総合探偵社クロルは、依頼者のニーズに合わせた3つの料金プランや段階調査で評判の探偵事務所です。

職場特定では、尾行や張り込みだけでなく、データ調査や聞き込みなどあらゆる手法で調査を遂行しなければいけません。

クロルでは調査実績20年以上のベテラン調査員が、調査を遂行します。
調査経験をもとに目的を達成するためのプランを組み、ターゲットにバレないように調査を実施可能です。
効果的に調査を実施できることから、クロルは職場特定におすすめでしょう。

難易度が高い所在調査も得意としており、人探しや犯人捜しでは口コミでも評判を集めています。

このため所在調査のひとつである結婚調査の職場特定でも、クロルはおすすめです。

シホさん

総合探偵社クロルの口コミ

名前と生まれ年しかわからない従姉妹探しをお願いしました。
40年近く疎遠で結婚して姓も変わっているため、どこの探偵社も難しいと言われましたが、クロルさんは段階的に調査しましょうと提案していただき、調査をすることに決めました。
一週間ほどで結果が出ましたと連絡が来たときには本当に驚きました。
さすがプロの仕事だなと感心しきりです。


引用:探偵ちゃん|総合探偵社クロルの口コミ
 

総合探偵社AMUSE(アムス)

参照:総合探偵社AMUSE(アムス)

総合探偵社AMUSE(アムス)は夫婦カウンセラーが在籍し、返金や全国一律料金で評判の探偵事務所です。

勤務先を突き止める調査では、たしかな調査力が必要であることは言うまでもありません。

AMUSE(アムス)では、厳しい教育を受け合格した調査員が担当します。
キャリア10年以上の調査員が担当するため、調査を成功へ導くでしょう。
安心して調査を任せられるだけでなく、料金面に不安を感じることなく依頼できます。

AMUSE(アムス)は、職場特定の調査におすすめの探偵事務所です。

特に浮気調査では着々と実績を積み重ねており、口コミでも評判を集めています。
不倫の証拠から慰謝料請求のための勤務先特定まで一任できるため、AMUSE(アムス)はおすすめです。

YamagamiTさん

総合探偵社AMUSE(アムス)の口コミ

大きい母体の有難さを身に染みて感じました。 比較的住んでいるところが田舎なので、元々あまり探偵会社自体がなかったり、他の大手などで見積をとっても追加料金が発生したりと頭を悩ませていましたが、ここは全国一律の料金なので、助かりました。 実際の調査もスムーズで、こちらの質問にも細かく答えてくれサービス面でも申し分なかったです。


引用:Googleマップ|総合探偵社AMUSE(アムス)の口コミ

AMUSE(アムス)

なお以下では、総合探偵社AMUSE(アムス)の口コミと評判をご紹介しています。

職場特定の探偵事務所は安心探偵.comで紹介してもらえる

すべての探偵事務所で見積りを取得するのが面倒な方は、安心探偵.comがおすすめです。

職場特定では、目的を意識して探偵事務所を選ばなければいけません。
安心探偵.comは調査目的を伝えるだけで、依頼者の希望条件に合った探偵事務所を紹介してもらえます。

料金は無料ですし、気に入らなければサービスを通じて断ることもできるため便利です。
探偵選びが面倒な方は、安心探偵.comのご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

安心探偵.COM

職場特定調査に関するよくある質問

職場特定調査に関するよくある質問をご紹介します。

自分で職場を突き止めることはできる?

結論を言えば、自分で職場を突き止めることはできなくもありませんが、さまざまなリスクがあるためおすすめできません。

ターゲットが知り合いの場合、バレてしまうおそれがあるため、失敗しやすいです。
またターゲットにバレてしまった場合、報復されるおそれもあるでしょう。

素人では意図せずに違法行為を行ってしまう可能性も考えられます。
ターゲットに訴えられてしまえば、つきまといや不法侵入で罪に問われてしまうリスクがあるため、避けたほうがよいでしょう。

参照:ストーカー行為等の規制等に関する法律 | e-Gov法令検索 刑法 | e-Gov法令検索

探偵以外の職場特定調査方法はある?

探偵の職場特定調査以外で勤務先を調べる方法は、弁護士照会と「第三者からの情報取得手続」です。

弁護士照会は、別名弁護士会照会とも呼ばれています。
事件解決に必要な範囲で、弁護士がターゲットの情報を入手できる手続きです。
弁護士法23条の2で規定されており、勤務先調査も弁護士会照会で行えます。

「第三者からの情報取得手続」は、一般人であっても以下を目的としていれば認められる手続きです。

  • 養育費や婚姻費用の請求
  • 生命身体の障害による損害賠償

また手続きを行うためには、厚生年金などに加入していることが望ましいとされています。
これらの条件にマッチした場合、以下の流れによって勤務先が判明する流れです。

  1. 財産開示手続の申立て
  2. 第三者からの情報取得手続の申立て

「第三者からの情報取得手続」は、民事執行法第204条~第211条で規定されている、住所特定方法です。

このように弁護士と一般人でもターゲットの勤務先を調べる方法がありますので、適切にご検討ださい。

参照:弁護士法 | e-Gov法令検索 民事執行法 | e-Gov法令検索

まとめ

探偵の職場特定では、単なる所在の確認だけでなく、目的に合わせて依頼するケースが大半です。

法律のもと有効になる証拠をつかむことは、探偵でなければできません。
また自分での調査は、ストーカー規制法などに抵触するおそれがあるため避けるべきです。

ここでは依頼者の目的に合った、職場特定におすすめの探偵事務所をご紹介しました。
ターゲットの職場を突き止めたい方は、ぜひ参考になさってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次